頭髪を救出するための育毛剤もある|おすすめチェックで見つかる対策

男の人

男性の薄毛進行を抑える薬

髪の毛

抜け毛の治療

プロペシアは男性型脱毛症の進行を抑制を目的とすることとした薬です。男性型脱毛症の原因である、ジヒドロテストステロンを生成してしまう還元酵素5αリクターゼを阻害する役割があるのです。このプロペシアの薬ですが、東京都内であれば皮膚科などの一般医院や頭髪治療を専門とするクリニックで医師の診察を受け処方箋を発行してもらうことで入手できる薬です。抜け毛の進行を抑える薬なので、発毛を期待することはできないですが、東京都内でもAGA治療を専門とするクリニックであればプロペシアとミノキシジルの2種類の薬を中心に治療をするのが一般的で、ミノキシジルは発毛を促進させる効果があります。薄毛にお悩みの方は、髪を残すだけでなく発毛を期待するならミノキシジルを処方してもらえる医療機関を東京で受診することです。

頭皮ケアや生活習慣

東京都内の頭髪治療専門クリニックを受診すれば、ミノキシジルとプロペシアを処方してもらえますので薄毛の現状維持と発毛効果を得ることができます。しかし、これらの治療薬を服用すれば男性型脱毛症による薄毛は万全ということではないです。あくまで、生活習慣と頭皮ケアをしっかりとしていないと薬の効果を最大限に発揮することはできないからです。頭皮が脂っぽい、ベタベタする、フケが多い状態は決して清潔な頭皮環境とはいえないです。これでは治療薬の効果を最大限に発揮することができないです。育毛効果をよりアップするためには、やはりシャンプーです。シャンプーならどれも同じではなく、選び方や洗い方で頭皮環境を良好な状態に保つことができます。